宮城県仙台市 特定非営利活動法人 WorldOpenHeart。マイノリティでもこわくない!

トップ > 過去のお知らせ > 2010/09/01 2010年度 犯罪加害者家族支援研究代表に若島孔文准教授

2010/09/01 2010年度 犯罪加害者家族支援研究代表に若島孔文准教授

 家族療法を専門とする若島先生は、「親族犯の家族」を含む加害者「家族」の問題に最も早く言及していた専門家であり、2009年10月から半年間、若島先生のもとで研究生としてお世話になりました。 研究生終了後も引き続きご指導いただいており、この度正式に当団体の理事会から研究代表をお願いすることとなりました。 大変お忙しいところ、お引き受けくださり心より感謝しております。


World Open Heart代表 阿部恭子


若島孔文先生プロフィール

若島孔文 先生

○若島孔文(わかしまこうぶん)
 1972年石川県輪島市生
 2000年東北大学大学院教育学研究科博士課程修了、博士(教育学)
 臨床心理士・家族相談士・家族心理士
 家庭犬訓練指導士
 
○経歴
 ITC家族心理研究センター トレーニー(1994-March, 1996)
 University of Victoria短期リサーチ研修(1996; 1998)
 村上整体専門医学院非常勤講師(1996-March, 1999)
 三幸学園仙台リゾート&スポーツ専門学校非常勤講師(1997-March, 1999)
 仙台市児童相談所心理判定員(1997-March, 1999)
 国立療養所岩手病院心療内科心理療法士(1998-March, 2000)
 財団法人ふくしま自治研修センター教授(1999-March, 2001)
 和光大学人間関係学部非常勤講師(1999-March, 2001)
 立正大学文学部非常勤講師(2000-March, 2002)
 岩崎学園横浜リハビリテーション専門学校非常勤講師(2000-March, 2002)
 東海大学教養学部非常勤講師(2001-March, 2002)
 聖路加看護大学非常勤講師(2002-March, 2003)
 東京家政大学非常勤講師(2003-March, 2005)
 静岡大学非常勤講師(2004)・同大学院非常勤講師(2005)
 川崎市中央児童相談所スーパーヴァイザー(2003-March, 2007)
 立正大学心理学部専任講師(April, 2002-March, 2006)
 立正大学心理学部・大学院心理学研究科助教授(April, 2006-March, 2007)
 立正大学心理学部・大学院心理学研究科准教授(April, 2007-March, 2008)
 慶應義塾大学非常勤講師(2003-March, 2009)
 白百合女子大学非常勤講師(2008-March, 2009)
 
○現職
 以上を経て、2008年4月より、東北大学大学院教育学研究科准教授
 
○その他
 日本学校カウンセリング学会「学校カウンセリング研究」編集委員
                                 (2000-2003)
 日本カウンセリング学会「カウンセリング研究」拡大編集委員
                                 (2003-)
 日本家族心理学会監事(2001-2003)
 日本家族心理学会理事(2004-2007)
 日本家族心理学会常任理事・常任編集委員(2007-)
 日本ブリーフセラピー協会関東代表(2007-)
 財団法人ふくしま自治研修センター客員教授(2001-)
 神奈川県臨床心理士会幹事(2001-March, 2007)
 神奈川被害者支援センター専門委員会委員
 海上保安庁第三管区惨事ストレス対策ネットワーク委員会委員
 神奈川県警察本部国費事件被害者支援スタッフ
 財団法人社会経済生産性本部若者自立支援塾ワーキング・グループ委員
                              (June, 2008-March, 2009)
 杉並区教育委員会不登校対策チーム・スーパーヴァイザー(2008-)
 荻窪福祉事務所次世代育成支援員・スーパーヴァイザー(2009‐)
                                           など
 
○専門分野
 臨床社会心理学、臨床心理言語学、折衝交渉技術論
 家族療法、ブリーフセラピー、ナラティヴセラピー、催眠療法
 犬の行動科学、犬と人間の関係性の心理学
 不登校・引きこもり、学校臨床